くらしきコンサート

MENU

ニュース

2019/09/10

第156回大原美術館ギャラリーコンサートのお知らせ

 

2017年、ウィーン国立歌劇場に東洋人初のカウンターテナーとして登場し、聴衆と現地メディアの絶賛を浴びた藤木大地さん。同劇場のマイヤー総裁が終演後「ダイチ、スーパーデビューだったよ!」と祝福した言葉を、藤木さんは生涯忘れることはないでしょう。
東京の新国立劇場で2003年にデビューした藤木さんは、もともとテノールでしたが、文化庁の研究員としてイタリア留学した時に、ドイツ各地の歌劇場のオーディションを受け続けるも成果が出ず、帰国後はオペラのプロデューサーのアシスタントや裏方などの仕事にも携わりました。後年、奨学生として再渡欧する機会を得てウィーンに留学。オペラ・ビジネスを学びながら続けていた歌の勉強中、たまたま風邪をひいて裏声で歌ったことで、カウンターテナーという可能性を発見したのだそうです。藤木さんは持ち前の行動力で本格的にカウンターテナーの名手に師事し、コンクール挑戦の猛勉強に臨みました。ローマのコンクールでファイナルまで進んだ藤木さんの才能は、そこからイタリアの劇場オーディションのチャンスをつかみ、ついに2013年、ボローニャ歌劇場で欧州デビュー。その前年には、日本音楽コンクール声楽部門で第1位に。権威ある同コンクールで史上初めてカウンターテナーが優勝したことで、男性が女性の音域で歌う、この声楽独特のポテンシャルが、日本でも改めて注目されるようになりました。
ウィーンの“スーパーデビュー”後はリサイタルでも人気を博し、今や引っ張りだこの藤木さん。圧倒的な歌のパフォーマンスで聴衆の感涙を誘っています。
倉敷初公演のための特別プログラム。美術館の名画のギャラリーを舞台にした贅沢なステージで、至高のファルセット・ヴォイスをお楽しみ下さい。共演は、ドイツで研鑚を積み、国内外で活躍しているピアニスト、中村圭介さんです。

 藤木大地(カウンターテナー)

 

中村圭介(ピアノ)

第156回大原美術館ギャラリーコンサート
藤木大地 カウンターテナー・リサイタル
『日本のうたと、その時代~歌の絵』

【出演】
藤木大地(カウンターテナー)
中村圭介(ピアノ)

■公演日
2019年10月26日(土) 18時30分開演

■会場
大原美術館 本館2階ギャラリー

■料金
5000円(税込)
学生シート1000円(税込)【小学生~25歳までの学生対象・限定先着30席】
※公演当日、入場時に学生証の提示をお願いいたします。

■発売日
10月1日(火)

■お申込み先
大原美術館     086-422-0005(月曜休館、9/16・23は開館、10月は無休)
くらしきコンサート 086-422-2140(土・日・祝日休業)

詳細はこちら 大原美術館ホームページ


チラシPDFダウンロード